文中には過激な性描写・表現を一部含みます。

クリーントーンのアルペジオが爪弾かれるイントロを皮切りにした、機内ビデオ然とした音楽をバックにナレーションが入る。

ナレ「私どもオマンコ航空は、お客様に快適な空の旅をお届けするための『またがりオマンコサービス』に、今までプライベートチャーター便でしか行っていなかった、生・中出しサービスを、全フライトに導入させていただくことを報告させていただきます。通常業務はもちろんのこと、オマンコ航空ならではのサービス、今まで以上のサービスを、キャビンアテンダントと共にお客様にご提供させていただくことをお約束させていただきます」

次々と搭乗してくる男性客に対して、挨拶をするキャビンアテンダント。

「またがりオマンコサービス。生中出し導入について」

とテロップが出され、キャビンアテンダントのインタビューに。

CA1「お客様との親密感が増えたと思います。心が通じ合ったという感じです。でも、生挿入は自分も感じすぎてしまって、少し困っています。でも、サービスには気を抜いていません」

CA2「お客様のご要望には、できるだけ叶えられるようにしています。膣から出てくる精子を見たいお客様が多いですね。お客様のお洋服にかからないよう、注意しています」

CA3「避妊具着用時より満足されるお客様が多いです。射精後、挿入したままもう一度お願いされるお客様もいらっしゃいます。ただ、いつもお待ちになっているお客様がいらっしゃるので、ご要望にお応えできないのが心苦しいです」

CA4「お客様に満足していただけるよう、普段から膣圧体操を行っております。生挿入なので、あまり早く射精してしまわないように、より一層コミュニケーションを大切にしていきたいです。あと、衛生面でも以前より気をつけています」

「ポーン」という音の後、機内アナウンス。

アナウンス「本日は、オマンコ航空をご利用いただき誠にありがとうございます。ただいまより、ドリンクサービスをご提供させていただきます」

キャビンアテンダント、乗客に飲み物を配る。再び「ポーン」というアナウンス音。

アナウンス「皆様にお伝えいたします。オマンコ航空369便、ロサンゼルス到着まで空の旅のお供をさせていただく、キャビンアテンダント4名のオマンコをご紹介させていただきます」

CA1「本日、AB席を担当させていただきます。身長166cm、スリーサイズは上から80・58・84です。Cカップあります。よろしくお願いいたします」

挨拶が終わったキャビンアテンダント、スカートをたくし上げて湿地帯を露わに。担当列の間を歩きながら1列ずつ挨拶をして通廊を往復する。その間、キャビンアテンダント本人によるナレーションが入り、入社動機などが語られる。

ナレ「オマンコ航空入社2年目です。はじめての海外旅行で体験した、またがりオマンコのサービスに感銘を受けて入社いたしました。フライトがひとつの旅、素晴らしい経験になったんです。そのときの皆さんの笑顔を今でも忘れることができません。オマンコ航空ならではのサービス、ランジェリーフライト、全裸フライトなどの素晴らしさを皆さんにもお伝えできるよう頑張っていきたいです」

Y字バランスをした後、乗客に向かって一礼。

CA2「本日、CD席を担当させていただきます。身長160cm、スリーサイズは上から90・60・88cnのFカップです。本日はよろしくお願いいたします」

ナレ「オマンコ航空入社は3年目になります。幼い頃からずっと見てきた母に憧れて入社しました。今でも現役のオマンコ航空キャビンアテンダントである母に日々、いろいろとアドバイスをもらっています。母を越えられるよう日々努力しております。エコノミー症候群の事前対策として、不要な精子を排出する『またがりオマンコサービス』を先日母に褒められ、自分の成長を感じました。しかし、それに甘んじず、お客様に快適な空の旅をお届け出来るよう、日々サービスの向上を心がけていきます」

Y字バランスをした後、乗客に向かって一礼。

CA3「本日、EF席を担当させていただきます。身長は154cm。スリーサイズは上から90・60・87です。よろしくお願いいたします」

ナレ「オマンコ航空入社2年目です。幼い頃から憧れていたのでオマンコ航空に入社しました。学生時代はオマンコ航空のためにと勉学に励み、知性・感性・品性・オマンコ磨きに力を注いできました。入社してからも厳しいオマンコ研修を終えて、ここにいる自分を誇りに思っています。ですから、他社エアラインでは経験できないサービスをお約束させていただきます」

Y字バランスができないので足をくの字に上げた後、乗客に向かって一礼。

CA4「本日、GH席を担当させていただきます。身長160cm。スリーサイズは上から81・60・90です。カップ数はBです。よろしくお願いいたします」

ナレ「私は接客業が好きで、いろいろリサーチしたのですが、究極の接客業はオマンコ航空のキャビンアテンダントだと思い入社いたしました。心身ともに究極のおもてなしをお客様に感じていただける、お届け出来るお仕事だと思っています。エアライン業界ナンバーワンのリピート率に恥じないよう、サービスをご提供できればと思っております」

Y字バランスができないので足をくの字に上げた後、乗客に向かって一礼。

担当乗務員の挨拶が終わり、機内アナウンス。

「それでは皆様、ご到着までのお時間、以上4名のキャビンアテンダントとともに快適な空の旅をお楽しみください」

再び機内アナウンスが入った後、またがりオマンコサービス開始。

アナウンス「皆様にお知らせいたします。ただいまより、空の旅を快適に過ごしていただくための生中出し、またがりオマンコサービスのご提供をさせていただききます。ご不要の方は担当キャビンアテンダントまでお申し付けください」

CA「またがりオマンコサービス、いかがですか?」

客「お、お願いします」

CA「かしこまりました。お名前をお伺いしてよろしいですか?」

客「平田です」

CA「平田さまですね。よろしくお願いいたします。どのようなサービスがよろしいですか?」

平田「えっと、あの、ぼ、僕、ちょっと、は、はじめで、ちょっと、はぁう」

CA「そうなんですね」

平田「ど、どうしていいかわかんなくて、すいません」

CA「そんなことないですよ。リラックスしてくださいね」

平田「あっっ、はい」

CA「それでは、こちら、またがらせていただきますね」

キャビンアテンダント、慈愛すら感じさせる笑みを浮かべながら平田の上に対面座位でまたがる。

CA「(今回のフライトは)お仕事ですか?」

平田「ええ、ち、ちょっと、医療関係の仕事をしてて」

CA「そうなんですね」

キャビンアテンダント、平田の右手をとって臀部にもっていく。

医療関係平田「え、ええ! え! っつ! あぁ……えあ、えと」

CA「大丈夫ですか?」

医療関係平田「すいましぇん、ちょっと、ぼ、僕、ちょっと、じょ、女性とこういうふうに、あの、ちょっと、ど、童貞で……」 

CA「そうなんですねぇ」

童貞平田「しゅいません、だぁ、大丈夫ですか?」

CA「大丈夫です。リラックスしてお楽しみくださいね」

キャビンアテンダント、再び菩薩のような微笑みで童貞を優しく包み込む。

CA「では、失礼いたします」

そして突然のキス。

ちゅ……ちゅプう……ちゅ……

CA「大丈夫ですか?」

童貞平田「はい、はいぃ」

CA「では、いきますねぇ」

くちゅうぅるこォぉぉっぅッ

CA「緊張しなくても、大丈夫ですよ」

童貞平田「す、すひぃません」

くちゅうぅうぅるする

CA「胸を揉んでも、大丈夫ですからね」

童貞平田「おぁ! はひ! は、は……」 

CA「どうですか?」

童貞平田「はぁぁ……しゅ……すごい……いいれすねぇ」

CA「好きなように揉んでくださいね」

童貞平田「は、ひ、ひゃいど、どうですか?」

CA「すごい、気持ちいいですよ」

童貞平田「アッツ!」

CA「下を脱がさせていただいていいですか」

童貞平田「あははははぁ、はい」

CA「失礼します。腰上げてくださいね」

キャビンアテンダント、露わになった平田の激勃起肉棒に三度慈愛の笑みを向ける。

激勃起童貞としての平田、彼女の目線を感じ恥ずかしげに赤紫変色鬱血海綿体私自身を隠す。

CA「隠さなくても大丈夫ですよ」

激勃起童貞平田「すいません……」

CA「はぁんん……結構……大きくなってますね。触っていって大丈夫ですか?」

激勃起童貞平田「は、はぃう」

CA「失礼します」

激勃起童貞平田「はぁ、はぁ、はぁあ!」

CA「大丈夫ですか?」

キャビンアテンダント、既に先走迸我慢汁でテロッテロしているであろう赤紫男根の先端を優しく、優しく撫でる。

CA「痛くないですか?」

激勃起カウパー童貞平田「は、はい」

CA「では、少しずつ触っていきますね」

激勃起カウパー童貞平田「あは、はあ、はぁぅ!」

キャビンアテンダント、童貞平田棒をスローペースで扱いていく。

激勃起カウパー童貞平田「は……はぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」 

CA「強さは大丈夫ですか?」

激勃起カウパー童貞平田「は、はい……も、もうちょっと強くてもぅ大丈夫です」

キャビンアテンダント、慣れた手捌きで扱きを加速させ、またがりおまんこサービスの質の高さを見せつける。

CA「少しずつ速くしていきますね」

激勃起カウパー童貞平田「あっ! あっ! あ! ちッ! ちちちちちちちち!」

CA「どうされました?」

激勃起カウパー童貞平田「ちちちちちっちっっちちっちと、で、で、でちゃ……」

CA「出ちゃいそうですか?」

激勃起早漏気味童貞平田「すいません……」

CA「楽しんでいただけるように、もう少し遅めにやりますね」

キャビンアテンダント、宣言どおりシコペースをスローダウンさせ、悪戯っぽい表情を見せる。

CA「今度は、お口でやってもよろしいですか?」

激勃起早漏気味童貞平田「は、はい」

CA「失礼いたします」

キャビンアテンダント、すっかりそそり勃った肉棒を軽くねぶる。

激勃起早漏気味童貞平田「はははhははっhぁさだsだ! ぁsぁぁあsぁ!!」

CA「咥えさせていただきますね」

キャビンアテンダント、「平田のソレ」を優しく咥える。

はむりっ……きゅぅぅ…ぎゅうぅぅうっぅ…ズルッポ

激勃起早漏気味童貞平田「あああッ! うぅぅぅぅううっっつゥゥぅ!」

CA「ちょっと刺激が強いですか?」

激勃起早漏気味童貞平田「す……すいませんんん……」

CA「大丈夫ですよ」

キャビンアテンダント、垂直に硬直した愚直な愚息を先端から根本まで丁寧にねぶる。

しかし、突如素に戻った激勃起早漏気味童貞平田は横一列の客が、全員またがりオマンコサービス受け、フェラされている模様を目撃する。

素童貞平田「すごいですね」

CA「あはぁ、ええ、あちらは慣れている方が多いので。お気になさらなくて大丈夫ですからね」

素童貞平田「すいません」

キャビンアテンダント、顧客をサービスに集中させるためにディープスロートに移行。

きゅぅぅうっぅッ! コォぉぉぉッ!

快感戻童貞平田「はッ! ぁぁぁ!」

コぉッぉお!

快感戻童貞平田「はぁぁ」

じゅっぽジュッポ儒宝ォ! ジュッポジュッポぬるじゅっぽ! ぴゅぅぅぅるるるる じゅぅるううるすするる! こぽぉコポぉ!

快感戻童貞平田「あ! い! い! 気持ちいい!」

キャビンアテンダント、更にねぶりを加速させる。

ジュっぅううぅぅるうるうぅっぽぽぽポオ! しゃくりしゃくりッ! じゅぅぅっぽんッ!

快感戻童貞平田「はぁぁん……」

コォォ

快感戻童貞平田「はぁぁん……」

コォォ

快感戻童貞平田「はっぁぁ!」

CA「大丈夫ですか? 射精ちゃいそうですか?」

快感戻童貞平田「え、ええ」

キャビンアテンダント、噴火寸前のFUJIYAMAを握りしめながら次のサービスをプレゼン。

CA「そろそろ、おまんこ☓☓☓(聞き取り不能)いきますか?」

【童貞】FUJIYAMA【平田】「お、お願いしまぁすぅ」

CA「では失礼しますね。失礼します」

キャビンアテンダント、客の隣席のシート上に立ち、Y字バランスをキメる。下着の横からヌラッヌラした入口出口をカスタマーに見せつける。

CA「(おまんこ)見たことありますか?」

【童貞】FUJIYAMA【平田】「いや、ちょっと、は、はじめてで」

CA「見えるように近寄りますね」

キャビンアテンダント、背もたれの部分に足を乗せ、気の利いた仏像のような体制になる。

CA「舐めて、みますか?」

陰核初見童貞平田「ははい」

CA「優しく、舐めていってください」

客、まるで喉の乾いた子犬が水を一生懸命飲むような、不器用な舌使いでキャビンアテンダントの湿度高めの雨林を舐める。

チョロチョロチョロチョロチョロチョロチョチョチョチョロッっチョロチョロチョロチョロっちゅ、っちゅ、っちゅれろぺろレロぺり

CA「声……出ちゃいそうですお客様」

陰核初見童貞平田「本当ですか?」

CA「はじめてとは思えないです。じゃあ……挿れていきましょうか」

陰核初見童貞平田「え!? あッ! ひい! おねはぁいします」

CA「失礼します。いき……ますねぇ」

再び対面座位になり、童貞棒FUJIYAMAは33000フィート上空を高速で飛ぶ蛤へと吸い込まれていく。

童貞棒FUJIYAMA平田「あ! っつ! はああ! っつ! は! っつ!

CA「挿入りましたね」

祝☆初挿入平田「はい……すご! すご! すご! そうご! はじめてですぅ」

CA「少しずつ、動かしていきますね」

祝☆初挿入平田「スコ……スコしずつ……はい……あ……あ……おっつ! あ! あ !あ! えへぇ!!」

CA「声、おっきいですね」

声量大平田「あ……は……ああ」 

CA「少し早く動かしますね」

声量大平田「は! あ! あ! すっごいですぅすごい 阿っ! ふふへっ、ふふへっ、ふふへっ! ふふへっふふへっ……ふふへっ……気持ちいいです! あ! ああ! へぁぁ! う! 鬱! つつ! つ!」

CA「まだ大丈夫ですか?」

声量大平田「な、なんとかァ!」

CA「では、反対になってみますか?」

声量大平田「ひゃいん」

キャビンアテンダント、対面座位から反対を向き、絞り芙蓉にチェンジ。

CA「後ろから、挿れさせてもらいますねぇ。いれますねぇ……あはぁ……ふぅんんっ ん……自分でも……こすってみてもいいですよ」

声量大平田「コ」

CA「動かしてみてください」

平田、この世に生を受けてからはじめて膣内挿入を果たし、ぎこちなく腰を動かす。キャビンアテンダントもピストンペースをあわせ、顧客をサポートする。

パンッ! パン! パパン!

CA「はあっぅ……すっごい……お上手です……はぁぁ……ん! んっ! あんっ!ふぅぅ! あんっ! いん! 陰んんん……んッすごいぃ……嗚呼、んふう……あ、あ、あ、はぁ」 

パンパンパンパンパンパンパンパンッ! っパンん! ヌルジョリ! んじゅるジョリ!

CA「はぁ……すごい……ん……えへ……お客様……おじょうずですぅ……は……ああ! は!」

射精寸前平田「ちょ! ちょちょっちょっちょちょちょっちょっちょ! でで! でちゃ!」

CA「いいですよ……あたしのぉふぅ……なかにぃはぁ……なかに出してくださいぃひぃ」

射精寸前平田「え!? こ!? このままま?

CA「はいぃひぃ! このママ! はんっ! 中に出してください! あん! ん! 云!」

射精寸前平田「だだだdだふぁdふぁだあfsさだっつ! ぁ! 亜亜っ!」

CA「出してください!」

射精寸前平田「あnだっだダダ!」

CA「あああ! 嗚呼っ! 亜愛っツッツ!」

平田、果てる。しばしの余韻。

2人「はーあ……すー……はあーすー……はあー……すーはーーーーーーあーーーーーー……」

キャビンアテンダント、重力に逆らいきれずに漏れ出た精子をハンケチーフで丁寧に受け止める。

CA「いっぱい……でましたね」

放心状態平田「へは……へはい」

CA「それでは、キレイにさせていただきますね」

キャビンアテンダント、アフターサービスとしてのお掃除フェラを開始。

再度激勃起平田「あっつ! あっつ! あっっつゥ!」

ヌルリヌルリヌルジュポリ

再度激勃起平田「あっ! っは! う! へ! あああ!」

コォォォ! コポォォォ!

再度激勃起平田「あ! あ!」 

キャビンアテンダント、再び絶頂しようかという平田を寸止し、彼の腹部に付着した精子や愛液を拭いていく。

CA「周りも拭きますね」

キャビンアテンダント、腹部を拭き終わりアフタートークに突入。

CA「いかがでしたか?」

再度放心状態平田「いい思い出に……なりましたぁん」

CA「それはよかったです」

再度放心状態平田「はふぅい」

CA「お疲れだと思うのですが、お洋服はこのままでよろしいですか?」

再度放心状態平田「あぅ、だぅだ……だいじょびです……はぁふ」

CA「ブランケットなどお持ちしましょうか?」

再度放心状態平田「おねはいしまふぅ」

CA「では、失礼します」

キャビンアテンダント、一発抜いてぐったりしている童貞を文字通り尻目に退場。下半身丸出しのまま軟体動物のように脱力する平田。終。

TOPへ戻る
これから先はアダルトコンテンツを含みます
Are you over 18? : あなたは18歳以上ですか?
YES NO